読込中

ハート*レシピ

お茶の味

ハート*レシピ:お茶の味

心というものは、どんなに隠しても、おもてに現れてきます。
どんなにつくろっても、その本性は出てしまうものです。
「三界唯心(さんがいゆいしん)」と、
お経に書かれているそうですが、ほんとうにその通り。
人の心や姿は、隠そうにも隠しようがなく、
包んでいても見えてくる、と教えています。

一杯のお茶を出される……それを黙って味わえば、
出した主人の心がくみ取れます。
一椀の飯の味にも、もてなす人の心が読み取れます。
一事が万事という。
一杯のお茶にも、その家の相(すがた)が込められているから、こわい。
本人が知らないうちに、普段の姿がそこに現れてくるのです。
なんの風情もないように思うお茶にも、
つきせぬ味わいと楽しさを感じてもらえるような、
そんな誠の人になりたいものです。

シェア

Twitter Facebook LINE

情報

タイトルお茶の味
投稿日2021.12.01
著者 モバイル金剛寺
テーマ
アイキャッチハート*レシピ:お茶の味