読込中

ハート*レシピ

安心の道

ハート*レシピ:安心の道

真っ暗がりの険しい山道を、ひとりで歩いていると寂しくて怖い。
泣き出してしまいそうになります。
でも、前にお父さん、後にお母さんがついていて、
「お父さん」と呼ぶと、「何だ」と応え、
「お母さん」というと「はい」と聞こえる。
暗闇で姿は見えなくとも、その声を聞いて歩いているだけで、
子どもは安心です。

お父さんとお母さんの間に、姉妹兄弟みんなが並んでいれば、
「お兄ちゃんが倒れた」というと、お父さんがすぐに起こしてくれる。
これほど安心なことはありません。
信仰とは、こういうこと。

常にお父さん、お母さん、つまり神仏に守護(まも)られた、
安心の道を歩むことをいうのです。

シェア

Twitter Facebook LINE

情報

タイトル安心の道
投稿日2022.05.04
著者 モバイル金剛寺
テーマ
アイキャッチハート*レシピ:安心の道