読込中

親のキモチ・子のキモチ

うちの子、空気が読めなくて……

親のキモチ・子供のキモチ:うちの子、空気が読めなくて……

「え、私にはお土産ないの?」とガッカリしている若手ママ。聞けば、自分から「お土産はいらない」と言ったらしいのだが……。

登場人物

  • 小6、小2の2人の育児に悩みが絶えない若手ママ。

  • 3人の子どもを育て上げた経験豊富なベテランママ。

  • ママの義母。何でも遠慮なくズバズバ言ってしまう大阪人。

  • 子育てに悩むパパやママを仏様の智慧で優しく導く女性和尚。

はぁ……。
うちの子、空気読めないっていうか、優しさが足りないんじゃないかなぁ。
え?空気?優しさ?いったい何があったの?
うちのお兄ちゃん、修学旅行に行く前に「お土産、何がいい?」って言うから、「お土産はいらない、お小遣いは自分のために使えばいいよ」って言ったの。そしたら、本当に何も買ってこなくて、下の子にだけ可愛いキーホルダーみたいなの買ってきて……。
何もいらないって言っても、空気読んで、何か買ってくるのが優しさとか思いやりじゃないの?
何?下の子に嫉妬してるの?そもそも、お土産がほしいなら、ほしいって言えばよかったじゃん。
それを、空気読めとか、優しくないとか、あなた相当「めんどくさいママ」だと思うよ。
ふふふ、ママさん、お兄ちゃんのことが大好きなんですね。まるで恋人に対する不満みたいですよ。
この場合は、先輩ママさんが言うとおり、ほしいならほしいと言えばよかったのでしょうし、買ってこなかった子どもに「思いやりがない」わけではないと思います。
普段から子どもに「ウソをつかない」「正直に話す」と教えておきながら、自分の言葉は裏を読んで気持ちを察してほしい、というのでは、子どもも混乱します。
まだまだ成長過程の子どもに、そんな大人の機微を要求するのは、ちょっと無理がありそうですね。
和尚さん、よう言うてくれはった!
この人、子どもたちに優しさを求めすぎやねん。私から見たら、2人とも十分すぎるぐらい優しいのに。
きっと隔世遺伝で私に似たんやろなぁ……。
お、お義母さん!いつからそこに……。

相手のキモチがわかる子どもに

大人の顔色を読むような子どもにはなってほしくないけど、相手のキモチがわかる子どもには育ってほしいと思うの。
うちの子たちも小学生のころは兄弟ゲンカがひどかったけど、その年代だと相手のキモチがイマイチわからなくて、うまく折り合えないのかもしれないね。
そういえば、お兄ちゃんが小1の頃は、お友だちとおもちゃの取り合いになって、力づくで奪い取ったりしてました。
「お友だちのキモチになって」とか「自分がやられたらどう思う?」とか言い聞かせても、相手のキモチを考えるということに、あまりピンと来ていない気がしましたね。
子どもの成長は、個人差がとても大きいんです。
相手のキモチを想像するのがとても上手な子もいれば、ゆっくり時間をかけて身につけていく子もいます。いきなり「相手のキモチになれ」ではなく、まず自分自身のキモチを言葉で表現させてみたり、お母さんのキモチを言葉で伝えてみるのもいいかもしれません。
人にはそれぞれのキモチがあって、お互いに相手のキモチを想像し、尊重しあうことが大切だということを、親子の愛情あふれるやり取りを通して、学んでいってほしいですね。
私の今のキモチは……。いや、やっぱり言うのやめとこ。
ママ、私のキモチ、察してや。

シェア

Twitter Facebook LINE

情報

タイトルうちの子、空気が読めなくて……
投稿日2020.04.03
著者 モバイル金剛寺
テーマ
アイキャッチ親のキモチ・子供のキモチ:うちの子、空気が読めなくて……