読込中

親のキモチ・子のキモチ

「ありがとう」を言わないパパ

親のキモチ・子のキモチ:「ありがとう」を言わないパパ

パパが「ありがとう」とめったに言わないことに気づいたケンタ。ケンタには「ありがとうを言いなさい」って言うのに、なぜ?

登場人物

  • いつも明るい小学5年生の男の子。

  • 在宅勤務で家にいることが多い、ケンタのパパ。

  • 子育てに悩むパパやママを仏様の智慧で優しく導く女性和尚。

パパさぁ、「ありがとう」って言わないよね。なんで?
え、そうかなぁ。言ってると思うんだけど……。
絶対言ってない。仕事の電話では「ありがとうございます」ってよく言ってるけど、ママに対しては、「ありがとう」って言ってるのを聞いたことないよ。
あぁ、ママにね……。
ボクには「ありがとうを言いなさい」って言うのに、なんでパパは言わないの?
うーん。ママにはちゃんと感謝してるし、いちいち言わなくても分かると思うんだけど……。
あ、そう。じゃあボクも、いちいち言わないことにするよ。
いや、それはちょっと……。
ふふふ。パパさん、たじたじですね。でも、どうしてママさんに「ありがとう」って言わないんですか?
言う時は言ってますよ。結婚記念日とか、母の日とか……。
1年にたった2回?それで本当にママに感謝してるつもりなの?
いや、あんまりしょっちゅう言ったら、値打ちが下がるような気がして……。
出し惜しみしてるの?
どうやらパパさんは、「ありがとう」は、ここぞという大事な時だけに言う、とっておきの言葉だと思っているみたいですね。
はい、そんな感じです。
でも、それじゃもったいないわ。
え、もったいない……?
「ありがとう」は「有り難し」という神仏への賛辞が語源なんです。有り難い、つまり有り得ないような奇跡を起こしてくれた神仏を讃え、感謝を捧げる言葉だったんです。
へぇ~。何かパワーありそう。
そう、その通り。「ありがとう」という言葉には、「ありがとう」と感謝したくなる出来事を呼び寄せるパワーがあるんです。
知らなかった……。
だから「ありがとう」を言えば言うほど幸せになれるんです。出し惜しみするなんてもったいないと思いますよ。
あぁ、何か損した気分……。
今からでも遅くないですから、どんどん「ありがとう」と言って、家庭に幸せを呼び込んでほしいですね。
じゃあ、今から特訓しようか、パパ!

シェア

Twitter Facebook LINE

情報

タイトル「ありがとう」を言わないパパ
投稿日2021.12.31
著者 モバイル金剛寺
テーマ
アイキャッチ親のキモチ・子のキモチ:「ありがとう」を言わないパパ