読込中

親のキモチ・子のキモチ

何でもママ中心で、心が折れる……

親のキモチ・子のキモチ:何でもママ中心で、心が折れる……

子育ては何でもママ中心。パパは肩身が狭くて心が折れそう……と嘆くほやほやパパ。子育ての先輩・新米パパも同調してぼやくが……。

登場人物

  • なりたてほやほやのパパ。初めての子育てに悪戦苦闘中。
  • イマイチ父親としての自覚がない、3歳児のパパ。
  • 仏様の智慧で家庭を円満に導くおじいちゃん和尚。
あぁ、もうダメだ……。ボクには子育てなんてムリなんだ……。
おっ、ほやほやパパ。いつもは張り切ってるのに、どうしたの?
先輩……。子育てって、やっぱりママが主役ですよね……。どこに行ってもママ中心で、パパは肩身が狭いというか、居場所がなくて、心が折れそうなんです。
あー、わかるなぁ、それ。パパがいくら頑張っても、ママ友の輪には入れないし、子育て教室はママばっかりで、ボクもくじけそうだったもんなぁ。
ですよね。やっぱり子育てパパって疎外されてますよね……。
そうそう。パパはしょせん脇役。主役のママに叱られながら必死で頑張っても、めったに褒めてもらえないし。
ほほぅ。男2人でぼそぼそと何を話しているのかと思ったら、ぼやき合い、慰め合いですかな。
和尚さん、キツイなぁ……。
しかし、脇役だからといじけずに、主役を食うほどの名脇役をめざしてほしいと私は思いますぞ。
名脇役ですか……。でも、どうすれば名脇役になれるでしょうか。
まず、脇役に徹することじゃな。自分は縁の下の力持ち、主役を陰で支えるのだと覚悟が決まれば、多少肩身が狭くても、心が折れたりしないと思うがのぅ。
陰で支えるのはいいんですが、たまには褒めてもらいたいんですよね。
褒めてほしければ、自分から褒めること。普段からママを褒めていれば、ママも少しは褒め返してくれるじゃろう。
褒めるのって苦手だなぁ……。
ママを直接褒めにくいなら、泣いてる子をあやしながら、「ママだと泣かないのに。ママはすごいな」と子どもに語りかけてみてはどうかな。ママに聞こえるように、じゃ。
それなら言いやすいかも。
子育ては褒めるのが基本だし、夫婦も互いに褒めあってこそうまくいくものだから、苦手などと言わずにどんどん褒めて、褒め上手になってほしいものじゃ。
そうやって主役のママを引き立てることが、名脇役になる近道かも。
おぉ、そうじゃ。それと、本当の主役は子どもなんだから、パパは脇役に徹して、いい子を育ててほしいと思いますぞ。
あ、主役は子どもか…。
ママと子どもが主役、脇役はパパ1人。うーん、やっぱり心が折れそう……。

シェア

Twitter Facebook LINE

情報

タイトル何でもママ中心で、心が折れる……
投稿日2022.06.03
著者 モバイル金剛寺
テーマ
アイキャッチ親のキモチ・子のキモチ:何でもママ中心で、心が折れる……