読込中

親のキモチ・子のキモチ

食べ物の好き嫌いを直したい

親のキモチ・子のキモチ:食べ物の好き嫌いを直したい

今まで食べていたピーマンを突然残すようになった5歳の息子。仲良しの友だちがピーマン が嫌いだから、ボクも食べないというのだが……。

登場人物

  • 5歳の男の子の子育てに悩みが尽きない後輩ママ。

  • 3人の子どもを育て上げた経験豊富なベテランママ。

  • 子育てに悩むパパやママを仏様の智慧で優しく導く女性和尚。

うちの子って、何考えてるのか、ホントわからない……。
あら、息子ちゃんのことで何かあったみたいね。
急にピーマンを残すようになったから、理由を聞いてみたら「仲良しの友だちがピーマン嫌いだから、ボクも食べない」って。
うちの子もそういうことあったよ。子どもって共感性が高いっていうか、仲良しの子と何でも同じにしたがるんだよね。
どうしたら前みたいにピーマンを食べるようになるでしょうか……。
うちの場合、「良いところはマネしていいけど、良くないことはマネしなくていいんだよ」って言い聞かせたら、効果があったよ。
さすが先輩ママ。良いところはマネをして、悪いところは自分の反省材料として生かすことが大切なんです。ところで、食べ物を残す癖がつかないように注意してくださいね。
もったいないですもんね。
それもあるけど、食べ物を残さず食べることの大切さを、小さいうちからしっかり教えてあげてほしいんです。
私も残すことがあるんですが、ちょっとでもダメなんでしょうか……。
私たちが食べているものは、すべて生き物。つまり、生き物の命をいただいているのですから、食べ物を残すと、命をムダにすることになるんです。
命をムダにする…。そういうふうに意識したことはなかったです。
「いただきます」という言葉には、作ってくれた人への感謝もあると思いま すが、「命をいただきます」という食べ物の命への感謝が込められているんですよ。
うーん、深いなぁ……。
だからといって、嫌いなものをムリに食べさせてはダメ。食べること自体が苦痛になってしまったら、子どもの心にも体にもマイナスになってしまいますから。
残しちゃダメ、ムリに食べさせるのもダメとなると、どうしたらいいんですか!?
なぜ嫌いなのか、理由をよく聞いて、どうしたら食べられるかを親子で考えて、工夫してみたらどうでしょう。
細かく刻むとか、卵でとじるとか、嫌いなものの味を和らげる工夫をしたら、食べられるようになったりするよ。
なるほど。それなら私が苦手なピーマンもおいしく食べられるかも……。
えーっ、苦手なのはママ!?

シェア

Twitter Facebook LINE

情報

タイトル食べ物の好き嫌いを直したい
投稿日2020.11.06
著者 モバイル金剛寺
テーマ
アイキャッチ親のキモチ・子のキモチ:食べ物の好き嫌いを直したい