読込中

親のキモチ・子のキモチ

息子がよその子を叩いてしまう……

親のキモチ・子のキモチ:息子がよその子を叩いてしまう……

ケンカになると、つい友だちを叩いてしまう5歳の息子。「叩いてしつけた私のせい……」と、ママは自分を責めて悩むばかり……。

登場人物

  • 5歳の男の子の子育てに悩みが尽きない後輩ママ。

  • 何でも遠慮なくズバズバ言ってしまう大阪人。後輩ママの知り合い。

  • 子育てに悩むパパやママを仏様の智慧で優しく導く女性和尚。

あぁ、どうしよう……。もっとよく考えて子育てしておけば……。
深刻な顔して、どうしました?
和尚さん、私が悪かったんです。
えっ?どういうこと?
5歳の息子が、友だちとケンカになると、つい叩いてしまうみたいなんです。優しい子なんですが、私が叩いてしつけたせいで、乱暴な行動をしてしまうんだと思うんです。
まぁ、それは困りましたね。
いやいや、大層やなぁ。子どもがちょっと叩いたぐらいで乱暴やとか言うのは、私には理解できんけどなぁ。
あ、オカンさん。でも、叩かれた子はショックを受けてるし、親御さんもご立腹で、本当に申し訳なくて……。
時代が違うんかなぁ。私らはバシバシ叩かれて育ったし、自分の子にも口より先に手が出てたから、「叩いたらアカン」と言われても、なんかピンとこないんやけど……。
確かに私も、いわゆる「愛のムチ」はたっぷり受けましたね。
言葉で言うたらええ、って言うけど、相手の心をズタズタにするような、えげつないこと言う人もあるし、叩くよりキツイ場合もあるんちゃうやろか。
そのキモチもよくわかります。叩くのはダメ、言葉で言うのは良い、という話ではなく、相手の体や心に痛みを与えることが良くないんだと私は思います。
しつけのつもりで叩いていたけど、子どもに痛みを与えていただけなのかもしれません……。
ママさんが自分を責めるキモチもわかりますが、過ぎたことを悔やむより、前向きに考えて、親子で一緒に変わる努力をしてみたらどうかしら。
というと?
例えば、子どもを叩きそうになったら、逆に優しく抱きしめるとか。痛みではなく愛情を与えることで、ママのキモチを伝えることもできる気がします。
うわぁ、私にできるかなぁ……。
相手のキモチを考えて行動することを、ママがお手本になって示してあげたら、お子さんも変わっていくと思いますよ。
まず私が変わることが大切なんですね。頑張ってチャレンジしてみます。
そや、私も変わらなアカンな。うっかり孫を叩いて、「おばあちゃん出入り禁止!」とか言われたら、私の繊細なハートがズタズタやもん!

シェア

Twitter Facebook LINE

情報

タイトル息子がよその子を叩いてしまう……
投稿日2021.04.23
著者 モバイル金剛寺
テーマ
アイキャッチ親のキモチ・子のキモチ:息子がよその子を叩いてしまう……