読込中

親のキモチ・子のキモチ

友だちは選んでほしい……

親のキモチ・子のキモチ:友だちは選んでほしい……

ケンタがちょっと危なっかしい子と仲良くしているのが気になるママ。一方ケンタは、親友にケチをつけられて心外な様子……。

登場人物

  • パパとママが大好きな、いつも明るい小学5年生の男の子。

  • ケンタの友人関係が気になるママ。

  • 子育てに悩むパパやママを仏様の智慧で優しく導く女性和尚。

ねぇ、ケンタ。最近あの子とばっかり遊んでるけど、ちょっと心配だな……。
え?何が心配なの?
だってあの子、言葉づかいは乱暴だし、赤信号も平気で渡るし、できればつきあってほしくないんだよね。
えーっ!ボクの親友のこと、どうして悪く言うの?ママひどいよ……。
あら、ママさん。仲良しの友だちとつきあってほしくない、なんて、ちょっと言い過ぎじゃないかしら。
和尚さん……。でも、ケンタがマネしたら困るから……。
ママさんが心配するキモチも分からなくはないですが、いちばん大事なのはケンタくんのキモチだと思いますよ。
それはそうなんですが、ケンタが一緒になって危ないことをするんじゃないかと気が気じゃなくて……。
危ないことを一緒にしてしまうかどうかは、ケンタくん次第。ケンタくんは、親友が赤信号を渡ろうとしたら、どうする?
うーん、ボクは渡りたくないけど、つい一緒に渡っちゃうかも……。
あら、渡りたくないのに渡っちゃうの? 私はこう思いますよ。いくら仲良しでも、ダメなことはダメ。勇気を出して「ダメだよ」って言ってあげてほしいですね。
でも、気まずくならないかなぁ……。
少し気まずくなっても、きっと分かってくれますよ。だって親友なんでしょ。
うん、そうだね。あいつ、ワルぶってるけど、本当は悪いやつじゃないし、ボクが言えば聞いてくれるかもしれない。
ホントに?悪い子じゃないの? 大丈夫?
「ワルぶってるけど本当は悪い子じゃない」なんて、ケンタくんもちゃんと見てるんですよ。信用してあげてください。
はぁ……。まだまだ子どもだと思っていたけど、いつの間にかケンタも成長していたんですね。
子どもの心の成長には友だちの存在が欠かせません。だからこそ、子ども自身が選んだ友だちを大切にして、互いに高め合っていってほしいと思います。ね、ケンタくん。
そうだよママ、親友って字には「親」が入っているけど、「親しい」っていう意味で、「親が選ぶ」って意味じゃないからね!
うっ……。
ふふっ、一本取られましたね。

シェア

Twitter Facebook LINE

情報

タイトル友だちは選んでほしい……
投稿日2021.07.02
著者 モバイル金剛寺
テーマ
アイキャッチ親のキモチ・子のキモチ:友だちは選んでほしい……