読込中

親のキモチ・子のキモチ

なんでボクだと泣いちゃうの……

親のキモチ・子のキモチ:なんでボクだと泣いちゃうの……

生まれる前は張り切っていたパパだが、子どもに泣かれて自信喪失……。すっかり子育てに嫌気がさしているようで、ママは困惑気味。

登場人物

  • なりたてほやほやのパパ。初めての子育てに悪戦苦闘中。

  • なりたてほやほやのママ。

  • 子育てに悩むパパやママを仏様の智慧で優しく導く女性和尚。

ほらパパ、和尚さんいらっしゃったよ。相談したいんでしょ?
あぁ……。
あら、お久しぶり。お生まれになったそうで、おめでとうございます。どうですか、初めての子育ては。
はい、私はなんとか頑張ってるんですが、パパが落ち込んじゃって……。
えっ?あんなに楽しみにして張り切っていたのに、どうなさったの?
いいんです、ボクなんか……。どうせダメなパパなんです……。
もう、パパったら。実は、パパが抱っこすると大泣きするんです。それもあって、ミルクやオムツ、お風呂もうまくいかなくて、すっかり自信を無くしてしまって……。
あら、もうパパ見知りが始まっちゃったのかしら?
パパ見知り……?
ママといる時はご機嫌なのに、パパが近くに来るととたんに泣き出したりするのを「パパ見知り」って言うんだそうですよ。
ボクのこと、知らないおじさんだと思ってるんでしょうか……。
それは分からないけれど、ママと比べてパパと接する時間が短い分、仕方がない面もあると思いますよ。
でも和尚さん、パパが子育てをしなくなると、私の負担が大きくなりすぎてしまって、仕方ないでは済まないんです。
まず、初めての子育てなんだから、最初から100点はムリだと腹をくくって、諦めずに頑張ることですね。
でも、0点なんです……。
パパが世話している間はママが休めるから、0点ということはないですよ。
そう、助かってます。
それに、パパが子育てを避けていたら、ますますパパになつかない子に育ってしまいますよ。それでもいいんですか?
それは……イヤです。
じゃあ、ママにコツを教わったり、2人一緒に世話をしたりしながら、少しずつでも子育て上手なパパをめざしてほしいですね。
自信ないけど頑張ります……。
あ、そういえば、パパが胸にタオルを入れておっぱいみたいにしたら、パパ見知りの子がスヤスヤ眠った、って話もありますよ。
えーっ、そんな単純なこと!?

シェア

Twitter Facebook LINE

情報

タイトルなんでボクだと泣いちゃうの……
投稿日2021.09.10
著者 モバイル金剛寺
テーマ
アイキャッチ親のキモチ・子のキモチ:なんでボクだと泣いちゃうの……