読込中

親のキモチ・子のキモチ

パパ、悪いことしたのかな……

親のキモチ・子供のキモチ:パパ、悪いことしたのかな……

いつもニコニコ明るいケンタが、今日はなんだか落ち込んでる様子。仲良しのマイが聞いてみると、パパのことでママとケンカしたらしい。

登場人物

  • パパとママが大好きな、いつも明るい小学5年生の男の子。

  • ケンタと幼なじみで仲が良い、同級生の女の子。

  • いつもは優しいのに、たまにイジワルなことを言うママ。

  • 子育てに悩むパパやママを仏様の智慧で優しく導く女性和尚。

ケンタくん、どうしたの?すんごい暗い顔してるよ。
うん……。ママとケンカしちゃって……。ママがイヤなこと言うからさ……。
えーっ?ケンタくんのママ、いつもすっごく優しいの に、どんなこと言われたの?
それがさ、きっかけはパパのことなんだ。パパは最近、テレワークって言って、会社に行かないで家で仕事をしてる時があるんだけど、電話で「すいません、すいません」って、何度も謝っているんだ。だからママに「パパ、悪いことしたのかな…」って聞いたら、「ケンタもよく悪いことして叱られて、泣いて謝ってるじゃない。きっとパパも悪いことしたんだよ」ってニヤニヤしながら言うんだ。なんだかボクもパパもバカにされてるみたいで、すごく腹が立ったから、「ママなんか大嫌いだ!」ってケンカになっちゃって……。
まあ。そんな言い方されたら、カチンとくるわね。でもママは、パパが謝っている理由をちゃんと知っていて、パパが悪いことをしたわけじゃないって分かってるんだと思うわ。それをケンタくんにちゃんと説明してくれれば、ケンカにならずに済んだのにね。
じゃあ和尚さんは、パパが謝っていた理由が分かるんですか?
私の想像では、パパはお客さんからちょっとクレーム を言われたんじゃないかな。そういう時は、パパが悪くなくても「すいません」って謝ることがとっても大切なの。まず相手の言うことを認めて素直に謝る、それから話をしっかり聞いて、どうしたら解決できるか考える。誰が悪いとか、そういうことじゃなくて、クレームを解決してお客さんに満足してもらうために、パパは謝っているんだと思うよ。
そうか、パパは悪いことをしたから謝っているんじゃな くて、ちゃんと仕事をしてるんだね。なんだかボク、ホッとしたよ。
よかったね。でも、ケンタくんのママがそんなこと言うなんて、ホントに意外……。
ケンタくんがパパを本気で心配しているのが可愛く て、ちょっとからかってみたくなったのかもしれないね。でも、冗談のつもりで言っても、相手が冗談だと思わない場合もあるし、実際にママの言葉でケンタくんはイヤなキモチになったんだから、ママには言葉の使い方を反省してもらいたいわ。「言葉は刃物」って言って、よく考えないで言葉を使うと、刃物で切ったみたいに心を傷つけることがあるの。ケンタくん、マイちゃんも、相手のキモチをよく考えてから言葉を使うように気をつけてほしいな。
ケンター!迎えに来たよー。あ、和尚さん、ごぶさたです。お元気そうで……。
ママさん、いいところへ。ちょっとお話がありますので、私の部屋まで来ていただけますか。
和尚さん、お願い、ママをあんまり叱らないで……。ボク、もう大丈夫だから。
えっ、何?私、叱られるの?ケンタ、マイちゃん、た、助けて~!
(ケンタにウインクしながらママを引っ張っていく……)

シェア

Twitter Facebook LINE

情報

タイトルパパ、悪いことしたのかな……
投稿日2020.05.01
著者 モバイル金剛寺
テーマ
アイキャッチ親のキモチ・子供のキモチ:パパ、悪いことしたのかな……