読込中

親のキモチ・子のキモチ

孫が可愛いのはわかるけど……

親のキモチ・子供のキモチ:孫が可愛いのはわかるけど……

孫の面倒を気軽に見てくれる義理の両親には感謝のキモチでいっぱい。でも、こっそりおもちゃやお菓子を買い与えているのが気がかりで……。

登場人物

  • 5歳の男の子の子育てに悩みが尽きない後輩ママ。

  • 3人の子どもを育て上げた経験豊富なベテランママ。

  • 仏様の智慧で家庭を円満に導くおじいちゃん和尚。

あら?今日は息子ちゃん一緒じゃないの?
そうなんですよ、夫の両親が面倒を見てくれるっていうので、ゆっくり1人の時間を楽しんでいるんです。
ご両親の近所に住んでるんだったわね。うらやましいわ~。うちなんか夫も私も親の家が遠いから、気軽に預けられないもの。
ほんと、助かるなって感謝してるんです。でもね、こっそりおもちゃを買い与えたり、家では控えているお菓子やジュースを好きなだけ与えたり、孫が可愛いからって、ちょっと甘やかしすぎじゃないかって思うこともあるんです。自分の親ならハッキリ「やめて」と言えるんだけど、夫の両親なのでなかなか言いにくくて……。
わかる~。うちの夫の両親も、たまにしか会えないせいか、甘やかし放題で大変だったよ。でも、私が言うと角が立つから、夫から言ってもらったり、わが家のルールを紙に書いて伝えたり、わかってもらうまでに結構苦労した記憶があるわ。
なんじゃと! おじいちゃん、おばあちゃんから孫を甘やかす楽しみを奪うなんて、私は許しませんぞ!な~んて、もちろん冗談じゃよ。私にも孫が3人いて、もう可愛くて可愛くて、つい甘やかしたくなるんじゃが、そこをグッとこらえて、安易に物を買い与えたりしないように気をつけておる。顔はゆるめるけど財布のヒモはゆるめない、ほどよく甘いおじいちゃんを目指して頑張っておるんじゃ。
そう、ほどほどが大事だと思うの。孫は口うるさい親から解放されて甘えたいし、おじいちゃん、おばあちゃんは甘やかしたい。どちらのキモチも分かるからこそ、甘やかしすぎないで、いい関係を保ってほしいのよ。
なるほど。「甘やかさないで」とは言いにくいけど、「ほどよく甘やかしてほしい」なら言いやすいかも。
おじいちゃん、おばあちゃんも、父親、母親として子育てをした経験があるから、親のキモチが理解できないわけではないんじゃ。それに、祖父母が甘やかしたせいで、思い通りにならないと不機嫌になるようなワガママな子に育ってしまったら、何より子どものためにならんからのぅ。だから、「ガマンすることを覚えさせたい」「決めたルールは守らせたい」といった、親としてのキモチをしっかり伝えることが、まず大切。祖父母の方も、物を与えるのではなく、例えば今の子どもが知らない昔の手遊びを教えるとか、経験や知識を与えるような方法で接してみてはどうじゃろう。甘やかしすぎがなくなれば、親は安心して孫の面倒を見てもらえるし、祖父母と孫は幸せな甘~い時間を過ごせて、みんな大満足。まぁるく円満に収まるという寸法じゃ。
あ、そういえば、お義父さんは子どもの頃から昆虫採集が趣味だったって聞いてます。息子も昆虫好きなんだけど、私は大の苦手なので、いろいろ教えてもらえるように頼んでみます!
む、虫……。私もダメ。考えただけで体がむずがゆくなってきたわ……。

シェア

Twitter Facebook LINE

情報

タイトル孫が可愛いのはわかるけど……
投稿日2020.05.15
著者 モバイル金剛寺
テーマ
アイキャッチ親のキモチ・子供のキモチ:孫が可愛いのはわかるけど……