読込中

和尚と考える終活

和尚と考える終活30:葬儀とは【5】~葬儀と宗教(前編)

和尚と考える終活30:葬儀とは【5】~葬儀と宗教(前編)

今回は「葬儀」について少し掘り下げたく思います。

前回、葬儀とは「魂に対する儀礼である」とお伝えしましたよね。「魂」って何? そんな質問が返ってきそうですが、皆さんは「魂」というもの、あると思われますか?あると思う人、手を挙げて。はい、大方の人が手を挙げられましたね。

では次に、それは目に見えますか?目に見えるという人、手を挙げて。はい、おられないですね。そうです、魂は目には見えません。でも大方の人は、あると思っています。

まれに「ない」と言われる方もおられますが、でも次の質問をすると下を向くんですよ。「お墓参りに行かれて、ご先祖様に報告やお願いをしたことありませんか?」魂は「ない」と言う方も、やっちゃってるんです、これ。ほとんどの方が、目には見えないけど、ご先祖様はおられるという感性を持ち合わせておいでなんです。ある意味すごい感性だと思いますよ。

さあこうなりますと、「魂」を否定できなくなりますよね。人は亡くなっても、「魂」という存在として、私たちの身近などこかに「おられる」という感覚を、たいていの方は持っておられるのだと思います。ゆえに、葬儀では「魂」に対する儀礼を行うということになるのであります。

では、その目に見えない「魂」に対して、いかなる方法で向き合っていくべきか、です。どうでしょう、「目に見えないものには目に見えないもので…」ちょっと言い方が乱暴ですかね。そうです、神様仏様という目に見えない存在に頼む、ということが必要になってくるのです。

ここにおいて和尚としては、「葬儀」とは、宗教によるもの以外ないでしょう、という結論に至るのであります。

シェア

Twitter Facebook LINE

情報

タイトル和尚と考える終活30:葬儀とは【5】~葬儀と宗教(前編)
投稿日2021.05.28
著者 良活和尚
テーマ
アイキャッチ和尚と考える終活30:葬儀とは【5】~葬儀と宗教(前編)